· 

【工芸総合ワーク第21回】「コンセプトの背景にあるもの」

ブランディングとは何か事例として「アトリエひと匙」の濱元さんの

お話を聞きながら考えていきましょう。 

全学科17名の参加で行いました。

 

○ワーク1「アトリエひと匙」のブランディング 

濱元香織さんの金細工にスポットを当てて、アトリエひと匙のコンセプトの背景を教えてもらいました。 お話を聞きながらブランディングについて考えていきましょう。

ブランドコンセプトは『沖縄の土地から生まれる自然環境、歴史、文化や物語をモチーフとした装身具やオブジェを作 り提供する』。「その土地から生まれた」生命力に溢れる力づよさなどを込めてをアクセサリーに落とし込んでいます 

○ワーク2「コンセプトシート=作品紹介」計画作業 

次回ワークの表紙写真撮影に備え、写真構図に合わせた現場(撮影場所)の確認作業を行いました。 

表紙写真は「作り手にしか見えない世界」をテーマに作業風景・制作過程の作品などを撮影予定です。 講話のブランディングについてのお話も参考にしながら「コンセプトシート=作品説明」の計画作業を進めましょう。 


11/24(火)に第22回 工芸総合ワークでカメラマンを呼んで

表紙写真の撮影(木工・漆芸研修生)を予定しています。

 

次回のご報告もお楽しみに~

NPO法人沖縄県工芸産業協働センター

〒901-1116沖縄県南風原町字照屋213番地2F

TEL: 098-996-2975  FAX: 098-996-2976

kougeikachi@gmail.com