· 

【工芸総合ワーク第27回】「ディスプレイワーク」

年明けからテーマは「センター展・成果報告を、どのように見る人へ伝えるか?」

と言う仕上げに入っていきます。

3月に予定している「工芸振興センター展」において、

技術研修の成果(作品)を魅力あるディスプレイにできるよう考えてみましょう。

 

○ワーク1 「作品撮りの準備」

2/17(水)・18(木)の作品撮影について、撮影の見本を参考にしながら説明を行い

 撮影イメージのスケッチを描いてもらいました。 

作品の魅力、伝えたい部分は何かを考え、構図を考えていきます。

 去年の画像ワークで学んだ、伝えたいイメージを明確にし、

目的を持って撮影に取り組みましょう。 

 

 

○ワーク2 「ディスプレイの基本」

「工芸振興センター展」に向けて、技術研修の成果(作品)を

魅力 あるディスプレイにできるように基本知識を学びました。 

見る人に何を伝えるかを考えて展示企画する事が大切です。

ディスプレイの基本から告 知、レイアウトなどに関するチェックリストの作成などを学び、

研修終了後も活用でき る知識を得ました。 

 

 

○ワーク3「センター(成果報告)展 ディスプレイ」

ワーク 2 で学んだ、ディスプレイの基本を活かして 

学科別にディスプレイ考え、図面化します。 

学科ごとに展示会場が異なるので、展示場所を確認しながら、

 ディスプレイ方法をメンバーで話し合ってもらいました。 

 


次回 28回工芸総合ワークは2/17(火)です。

テーマ:「作品撮影/成果展発表内容」

最初に物撮りの基本をおさらいしてから撮影に入ります。

後は「成果報告」の発表文章作成と写真撮影に分かれます。

 

演出小物などがあれば忘れずに持参してください。

NPO法人沖縄県工芸産業協働センター

〒901-1116沖縄県南風原町字照屋213番地2F

TEL: 098-996-2975  FAX: 098-996-2976

kougeikachi@gmail.com