工芸総合ワーク

工芸総合ワーク · 2021/02/24
前回の画像ワークに引き続き「写真でイメージを伝える」方法を学びます。 伝えたいこと=イメージを明確にして目的のある撮影を実践します。 ○ワーク1 講話「写真で伝える」 作品写真は「ありのままを写す」ものではなくて、「伝えたいことを伝える」ために撮ります。 作品の意図は作った本人しかわかりません。...

工芸総合ワーク · 2021/01/20
年明けからテーマは「センター展・成果報告を、どのように見る人へ伝えるか?」 と言う仕上げに入っていきます。 3月に予定している「工芸振興センター展」において、 技術研修の成果(作品)を魅力あるディスプレイにできるよう考えてみましょう。 ○ワーク1 「作品撮りの準備」 2/17(水)・18(木)の作品撮影について、撮影の見本を参考にしながら説明を行い...

工芸総合ワーク · 2020/12/28
今年最後のワークとなりました。 年末の時点で、スタートから今までの全体を整理しながら、まとめていきました。 全学科18名の参加で行いました。 ○ワーク1 「(振り返りものづくりの次は?」 前回のオンラインセミナー「ものづくりのためのファン作り」のポイントを振り返り、 なぜいいものづくりだけではダメなのか、 お客様に付加価値を届ける作業も、...

工芸総合ワーク · 2020/12/16
小さな工房が売れ続けていくために、何をしなければならないか、将来計画のためのワークとして、 台東デザイナーズビレッジの鈴木村長 によるオンラインセミナーを実施しました。 全学科18名の参加で行いました。 ○ワーク1 グループワーク 工芸作家の「売れつづけるための特長・ポイント」についてグループワークを行い、...

工芸総合ワーク · 2020/12/08
前回までは作品紹介として、「コンセプトシート」のコンテンツを作ってきました。 今回のワークでは、編集の計画を立てていきます。 全学科14名の参加で行いました。 ○ミニ講話「商品価値を高めるコンセプトとは?」 総合ワークの目標としている「仕事して工芸を続ける」ための基礎知識を学びました。...

工芸総合ワーク · 2020/12/01
今回は撮影チームを入れ替え、紅型・織物研修生の撮影を行いました。 「コンセプトシート」の文章チェックも行い、作者の代わりに作品説明ができているか、 作品の価値が上がるように考えながら仕上げていきます。 全学科16名の参加で行いました。 ○ワーク1講話「表紙・プロフィール写真」撮影 撮影場所、構図、小物準備など事前準備を行い撮影に挑み、...

工芸総合ワーク · 2020/11/25
前回ワークで表紙・プロフィール画像撮影の構図確認を行いましたが、 今回のワークでカメラマンに撮影をしてもらいました。 撮影の前に「写真でイメージを伝える」講話を聞き、撮影の基礎知識を学びました。 全学科15名の参加で行いました。 ○ワーク1講話「写真でイメージを伝える」 カメラマン、WEB...

工芸総合ワーク · 2020/11/18
ブランディングとは何か事例として「アトリエひと匙」の濱元さんの お話を聞きながら考えていきましょう。 全学科17名の参加で行いました。 ○ワーク1「アトリエひと匙」のブランディング 濱元香織さんの金細工にスポットを当てて、アトリエひと匙のコンセプトの背景を教えてもらいました。 お話を聞きながらブランディングについて考えていきましょう。...

工芸総合ワーク · 2020/11/11
今回のワークから「目標づくり・強み作り・計画づくり」に入ります。 「コンセプトシート=作品紹介」を制作し作品の価値を上げ、 作品を見る方の理解を深める方法にも取り組んでいきましょう。 全学科15名の参加で行いました。 ○ミニ講話 他分野を知る「やちむん」 他分野の工芸も深く知るために「やちむんの歴史」について学びました。...

工芸総合ワーク · 2020/11/02
前回のワークで「既にあるものを活用する」ことを学びましたが、今回 は「受け継ぐこと」と「創作すること」の違いを考えていきます。 全学科16名の参加で行いました。 ○「創作(オリジナリティ)について」 工芸製品は高付加価値製品であり、独自性とともに他者との 「差別化」が大事な要素となります。 「真似」と「学び」の区別を学びます。...

さらに表示する

NPO法人沖縄県工芸産業協働センター

〒901-1116沖縄県南風原町字照屋213番地2F

TEL: 098-996-2975  FAX: 098-996-2976

kougeikachi@gmail.com